Fun to Share

トップ > 吉田ハウジングの「FPの家」の特徴は? > べた基礎・YSストロングフレーム


べた基礎

線で支える「一般布基礎」に対し、床全面で支える「べた基礎」は、接地面積の増加による地盤への過重負担が減るので、不同沈下が起こりにくく、耐震性に優れています。

べた基礎は床下全体がコンクリートで覆われていますので、床下及び土中からの湿気、結露の心配がいりませんし、防蟻対策にも優れています。

吉田ハウジングのべた基礎は、ひび割れの原因となる床下換気口は設けていません。べた基礎と土台の連結はJOTO社(城東テクノ株式会社)製キソパッキンを全周にわたって使用していますので、床下を常に乾燥状態に維持して、木材腐朽菌の発生を防ぎます。

ベタ基礎
べた基礎
基礎補強(H型パネル)
鉄筋の配筋状況
べた基礎完成

YSストロングフレーム

主要構造躯体は、株式会社吉田産業で商品化しているYSストロングフレームで建てています。木材の継手部分はタツミ社製のテック・ワン金物で連結しています。木材の欠損が少なく、在来加工の1.5倍の強度を誇りますので、地震に強い構造になります。

柱・梁等は構造用集成材(含水率がJAS規格15%以下)で構成されています。そのため、木材の乾燥などによる変化(割れ、ひび、反り)が少なくなり、バラツキの少ない均一な強度が確保できます。

集成材は火災の際に表面が焦げて炭火層ができるので、1000度を超えても強度を保つことができます。

接合金物(テック・ワン金物)が躯体内に納まる仕組みですので、FPウレタンパネル等の欠損がなくなり、建物の気密化がしやすくなります。

YSストロングフレーム
YSストロングフレーム接合金物
YSストロングフレーム&筋かい金物

▲上に戻る

トップ > 吉田ハウジングの「FPの家」の特徴は?